TOP > 加齢による体臭

年をとると、加齢臭が気になり始めます。

臭いがきつい人もいれば、臭わない人もいるし、

俗に「おやじ臭」と言われるように、女性よりも男性の方が多い気がします。

加齢臭の臭いの原因は、ノネナールという物質です。

ノネナールは、皮脂腺の中のバルミトオレイン酸という脂肪酸と

過酸化脂質が結合してできます。

40歳を過ぎると、このバルミトオレイン酸と過酸化脂質が増えてくるので、

加齢臭が起こりやすくなってしまうのです。

若い年齢の人には、ノネナールはほとんど存在しないので、加齢臭と言います。

加齢臭は女性にも起こりますが、男性の方が皮脂腺の活動が活発なので、

加齢臭の原因のノネナールが増えやすいのです。


これを改善するには、やはり生活習慣です。

やはり、皮脂腺からの脂肪酸の分泌を抑えるために、

肉類を控えて、食物繊維や乳酸菌の多い和食中心の食事に切り替えましょう。

入浴時にも加齢臭対策をすることはできます。

体を洗う時には、皮脂の分泌の多いところを念入りに洗います。

具体的には体の上の方から順に頭、

額から鼻筋にかけてのいわゆるTゾーンと呼ばれる場所、

耳の後ろ側、首の後ろ側、胸と背中になります。

また、シャワーだけで終わらせずに、湯船につかることも大切です。

現代人は運動量も減り、冷房も効きすぎているため、

汗をかくことが減っています。ですから、汗腺の機能が低下してしまいます。

すると、汗腺には老廃物や角質などの不純物がたまりやすくなるので、

たまに汗をかくと、この不純物も汗と一緒になって出てくるため、

汗はより嫌な臭いを発してしまいます。

それが湯船につかることで毛穴が開いて老廃物などの汚れも落ちやすくなり、

肌も清潔に保つことができるようになります。