TOP > 疲労による体臭

体の中でタンパク質が分解されると、アンモニアができます。

筋肉が使われたり、肝臓でタンパク質が代謝されたり、腸内細菌の働きなどで、

普段日常的に作られているものです。

ただ、アンモニア自体は毒性が強いため、肝臓で無毒な尿素に作り変えられた後、

腎臓から尿として排泄されます。

しかし、過度な運動による筋肉疲労や、飲酒による肝機能の低下、

肉などのタンパク質の食べ過ぎ等で

アンモニアが増え過ぎたり、アンモニアを尿素に作り変える能力が低下したりすると

処理しきれなかったアンモニアが汗の中に出てしまい、臭いの元になるのです。

さらに、汗の臭いが気になる人は、上手く汗をかけなくなっています。

本来、汗は体から熱を放出させ、暑さから脳を守るためのものですが、

冷房や運動不足などにより、汗をかく機会が減ると、汗腺の機能が低下します。

そうなると、本来、汗を作る際に汗腺から血液中に戻されていた

アンモニアなどの成分がそのまま汗の中に混じるようになり、

臭いを持ったベタベタした汗になるのです。


これを改善するには、規則正しい生活を心がけ、十分な睡眠をとること。

そして、肝臓の負担を軽くするために、お酒の飲み過ぎには注意しましょう。

過度な肉食を避け、野菜や納豆、ヨーグルトなど、

食物繊維や乳酸菌などを豊富に摂取して、腸内環境を整えることも大切です。

また、入浴も疲労臭を抑えるのに良い方法です。

筋肉疲労が低減するとともに、リラックス効果もあります。

オルニチンやクエン酸なども疲労回復に良いようです。

結構大変ですし、体質を変えるには時間がかかりますね。