TOP > ストレスによる体臭

現代人はみんなストレスを抱えて生きている、と言っても過言ではないほど、

日々の生活が思い通りにいかないものです。

仕事や上司、配偶者、恋人、友人、暑さ寒さまでストレスの原因となるというのですから、

どうすればいいのかわかりませんね。

このストレスで体臭が発生するとなると、改善は大変そうですね。


ストレスと体臭の関係は次のとおりです。

まず、ストレスがたまると副腎から副腎皮質ホルモンやアドレナリンなどの

ホルモン物質が大量に分泌され、皮脂腺から皮脂が活発に分泌されます。

さらに、ホルモンによって皮膚の角質層の新陳代謝が活発化します。

新陳代謝が活発になると、古い角質が皮膚に溜まります。

日頃から運動をしていて、エクリン腺からの良い汗をたくさんかいていれば、

この角質は汗が流してくれるのですが、そうでなければ、

流されずに厚くなった角質層が皮脂腺の管を塞いでしまうので、

中に皮脂が閉じ込められてしまい、それにより活性酸素が発生しやすくなってしまいます。

活性酸素は脂質を酸化させ、過酸化脂質を作り出します。

そして過酸化脂質もまた脂質を酸化させるので、さらなる活性酸素を生成します。

このような活性酵素と過酸化脂質による再生産の悪循環は自動酸化と呼ばれ、

体臭の原因となる脂肪酸を増やすのです。

これらがストレスと体臭に関するメカニズムです。


ただ、メカニズムが分かっても、ストレスを無くすことはできません。

自分の思うままに生きられればいいのですが、そんなことができるわけはありませんし、

もし、そんなことをしたら周りの人間に嫌われて、

結局、人間関係それがストレスの原因になるでしょう・